今年は身近で焼鳥(生串)ゲットできるかも?

新型コロナウィルスの感染拡大により、飲食店は大変な打撃を受けています。

一方で、飲食店に卸している食品製造卸会社は、飲食店同様、もしくはそれ以上に深刻な打撃を受けています。

中でも、焼鳥屋向けに卸している焼鳥製造会社は、最近はすっかり売り先が消えて困っています。

焼鳥は自店で刺しているお店もあれば、外注しているお店もあり…。

ようやく、地域のスーパーなども行き場のなくなった飲食店向けの焼鳥生串を取り扱うようになり、今年はニセコBBQで楽しめる機会が増えそうです。(是非、BBQで味わって、製造会社を支援したいですね)

ただ、飲食店の営業が正常化すると、たちまちスーパーマーケットの店頭から消えますので、見かけたらチャンスを逃さずゲットしましょう!

やっぱり日本のBBQには焼鳥は欠かせませんからね!

但し、必ずあるとは限りませんので、事前に確認するか店頭での確認になります。