ニセコBBQでタープが必須な理由

ニセコでのBBQ。もちろん天気の良い日にはタープやシェードなしのオープンエアでBBQ!なんてイメージされている方も多いはず。

でも、やっぱりタープやシェードは必須です。

その理由をここに挙げます。

①ニセコは山沿いなので、天候が急変し易い

②北海道は本州に比べて夏の気温は低いが、紫外線量はハンパなく強い。

③自然の原生林を切り拓いたリゾート地で、コンドミニアムの周りは原生林の樹木が残っていて、鳥のフンや木の実の落下からBBQサイトを守れる

④夏、秋ともに白樺の種の落下がハンパないので、焼いてる先から食材やタレに入ってきますよ。

整地された、もはや人工地である高規格のオートキャンプ場よりはかなりワイルドなので、装備はやっぱり重要なんですよ。

すぐに落ち葉や種、木の実が落下してきます。
だから野生のリスなども遊びに来てくれるんですよ。
アップ
北海道を代表する白樺